ブログ

2016年 12月 9日 金曜日

「サムライアロハ」のクラウドファンディング開始について

「サムライアロハ」、クラウドファンディング開始

東北各地の着物を、待機児童を抱える主婦と福島県の職人の皆様の手で、仕立て直した「サムライアロハ」が、クラウドファンディングを開始しました。

「サムライアロハ」について

今回は当社の新商品「サムライアロハ」について説明させていただきます。「アロハシャツ」の起源は着物です。

1900年代初頭にハワイに移り住んだ日本人のご先祖様が着物を仕立て直したのが始まりです。

東北各地の着物を待機児童を抱える主婦の皆様と福島県の縫製工場様の手で現代に復活させたのが、当社の商品「サムライアロハ」になります。

 

「サムライアロハ」を作ったのは「待機児童を抱える主婦の皆様」と「廃棄される日本文化」を何とかしたかったから。

待機児童を抱える主婦に子育てをしながら出来る仕事を与えます!

日本には約2億着の「着物」がタンスに眠っているといわれております。

一方で、保育園不足から待機児童を抱える主婦が多くいます。

この主婦の皆様と福島県南相馬市の皆様の手で、着物を仕立て直し、「サムライアロハ」と命名して販売を開始しました。

現在はサイバーエージェント様のクラウドファンディング「マクアケ」にて資金募集を開始しております。皆様ご協力をお願いします。

一覧ページへ